CozyCatShelterのブログ

猫の保護活動を始めました。保護施設Cozy Cat Shelterと老猫ホーム「気ままな猫の家」をしています。進んでいく上で数多く悩むと思いますが、応援よろしくお願いいたします!

ご支援ありがとうございます!

本日、ご支援をいただきました。

お名前がなかったので、どなたか存じ上げませんが、本当にありがとうございます。

大切に使わせていただきます。

 

ちゃーさんはずっと1人部屋で少し寂しいのかな。

窓のところに野良さんが来ると、楽しそうに威嚇全開です(笑)

一生懸命にお家を守っているようにも見受けられます。

ちゃーさんは相変わらずの元気いっぱいです。

白血病の発症も10年後の子もいるし、数ヶ月の子もいるし、どうなるのかは分かりません。

少しでも寂しい思いはさせたくないけど、環境的にどうしたら良いものか。

私がちゃーさんのお部屋で寛いでいると、最近は欠かさず鼻チューをしてくれるようになりました(笑)

愛されているなと感じます!

ちゃーさんがもっともっと満たされますように。

 

一方、なっちゃんは。

ぜーんぜん距離が縮まらない!!!

焦る事はないので、あまり気にしていませんが、初日の距離感からほぼ変わっていないように感じます。

程よく手が届かない距離を保ちます。

かと言って、私に興味がないわけではない。

いつの日か、撫でてほしくて近づいてくれる日を楽しみに過ごしています。

 

皆んなのペースで伸び伸びと、自由に過ごしてもらいたいと思います。

 

今日は3コマ漫画(笑)

f:id:worldtrip216:20220826185641j:image

f:id:worldtrip216:20220826185648j:image

f:id:worldtrip216:20220826190004j:image

㊗️2周年記念!

気が付けば、いつの間にかCCSも2周年となりました!!!

昨年度は改めて活動を見直す一年となったように思います。

 

今までと変わらず、どんどんとやる事、出来る事を増やしていた前半。

ちゃーさんとの出会いで、CCSのできる範囲を一旦立ち止まって見直した時期。

それを受け止めた時に、なっちゃん(夏美さん)との出会い。

止まったり走ったりと何だか落ち着かない一年となりました。

 

ちゃーさんは、相変わらずの大きな体で甘え倒しております。

一方、くしゃみを定期的にしたり、鼻水が出たりと何でもないような事でも発症の発端かととても気になってしまいます。

でも、今は何でもなさそうです。

保定されるのが大嫌いなちゃーさんですが、私が毎日ハグハグするので、最近はもーっ。仕方ないなー。というように嫌がりながらも受け入れてくれるようになりました(笑)

ちゃーさんと過ごす1日1日を大切に、何気ない瞬間も愛おしく感じながら過ごしております。

 

そして、なっちゃんは。

実は人馴れをしていません!

病院での検査等も終わり、今はケージを解放して、皆んなと思った以上に仲良く過ごしています。

体の大きさは皆んなの半分ほど。

食欲は皆んなの1.5倍!(笑)

私の近くには警戒なしで来てくれるのですが、手を伸ばすと一目散に逃げます。

触れられる状態にまでならない。

その割に、私が皆んなのトイレ掃除をしていると、近くに来てずっと見ていたりする。

 

うーむ。

今までにないタイプ。

警戒はしないのに、心を開いてくれない。

でも、猫は大好き。

皆んなに頭突きをしてみたり、追いかけっこをしたり。

橙ちゃんの事を気に入ったのか、橙ちゃんの前でお尻をフリフリしてアピールをよくしています。

なっちゃん、あなたもう手術終わっているでしょうに。

そして、それに応えるように橙ちゃんもフリフリ。

これこれ。。。

我が家の若い2人は夏を満喫しているようです。

 

3年目はどんな1年になるでしょうか。

ゆっくりでも一歩ずつ、また新たな事を積み重ねていける1年にしていきたいと思います。

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

暑いよねー

f:id:worldtrip216:20220803210715j:image

 

ちまきちとちまきちの毛玉

f:id:worldtrip216:20220803210618j:image

こんな日もあるもんだ。

ちゃーさんが我が家に来てからというもの、今までより配慮しなければならない事は多くなりましたが、至って穏やかな忙しい日々が続いていました。

 

毎日が本当に忙しくて、一瞬で過ぎていきます。

気がつけば、7月半ば。

梅雨に戻ったような雨が続き、蝉が鳴き始めました。

あぁ。

夏って感じ。

 

そんな中、突然と猫の保護依頼や保護相談が立て続いています。

お近所で問題なりつつあり、かつ地域猫にするのは反対されている人慣れしている野良さん多数。

ぐったりしている所をとりあえず保護したという子猫。

突然お家にくるようになった、猫の親子。

 

この時期は、活動量が増してきた時期の子猫が多く、事故や病気や状態が悪くなっている子達が目立ちます。

 

弱っていた子猫はCCSに搬送前に逃げてしまったとのとこで一旦見送り。

引き続き、相談受けをします。

 

野良さん多数は人馴れしているとはいえ、正直CCSも他のどの団体も保護できる頭数ではありません。

でも、相談者さまは何とか里親さんを見つけたい!との思いがあり、何とか力になれるよう、思いつく限りの方法は提示してみました。

こういう地域、場所っていっぱいあるんですよね。

人にも地域にも慣れている猫達がいて、ただ生活しているだけなのに、一部の人間側の都合だけで追い出そうとする。

助けたい人たちは持てる全てを使って何とかしようとしてるのに、それには時間やお金や場所や色んな問題が出てくる。

その子の一生のお家が決まるまでの間、暖かく見守ってあげることぐらい人間ならできないのだろうか。

何であえて、傷つけたり殺したりするような考えになっていくのだろう。

猫よりも何倍も体が大きくて、何倍も知恵もある人間の思いつく先がそれって。

この保護相談は、まだ私にお手伝い出来ることはあるだろうか。

色々と不完全燃焼な状態です。

 

そして、最後は親子猫の捕獲のお手伝い依頼。

お話を伺うと、母猫はTNR済みで、子猫のみ保護をして、別の保護団体に搬送したいとのこと!

大量の器材を持ってお家へいき、お話をうかがいながら、準備を進めます。

お家の中で準備していると、親子でお家の中まで入ってくるような状態。

かなりお腹が空いているようなので、すぐ近くに捕獲器を設置すると少しして子猫がすぐ入ります。

その真横で母猫もすんなり捕獲器に入ってくれました。

めちゃくちゃ速い(笑)

距離感も近く、人を信用している子達。

子猫はこの後の行き先が決まっています。

母猫は再リリースするのか。

 

ちゃーさんと生活するようになってから、新しい子の引き受けはしないと決めていました。

でも。

でも。でも。

母猫の行き場がない。

ご近所さんから餌やりは禁止されていて、食べる物にも困っている子達。

 

これは、受けるしかない。

 

という事で、CCSにまさかの新顔お母さんです!

f:id:worldtrip216:20220716164536j:image

体はまだすんごく小さく子猫のようで、1歳にもなっていないと思われます。

それでもすでに2児の母。

立派に育ててくれました。

 

我が家に着いてからすぐでもこの落ち着き。

ずっとお家に入りたかったのかなぁ。

 

名前は、夏みかんを由来にして

夏美さん。

 

一旦は体の状態を整えて、落ち着いたら里親募集を開始します!

どうぞよろしくお願いします!

 

かっちゃんは夏美さんが気になる

f:id:worldtrip216:20220716165535j:image

かっちゃんとの体格差が凄いんです。

 

上原様よりご支援をいただきました。

本当にありがとうございます。

こんな日のためにも、大切に使わせていただきます。

 

おーちゃんさんよりご支援をいただきました。

f:id:worldtrip216:20220716165720j:image

大量セットに本当に救われています!

ありがとうございます!

 

大迫さまよりご支援をいただきました。

f:id:worldtrip216:20220716165754j:image

この時期のお水は本当に大事!

CCSの色んな在庫がことごとくなくなっている時なので、本当に助かります!

ありがとうございます!

 

支援物資等のご報告がタイムリーに出来ず、遅れ遅れになっていることをお詫びいたします。

 

みんなのその後

とってもお久しぶりです!!

まず、私は至って元気です!

皆さま、気にかけてくださりありがとうございます。

 

そんな中、おーちゃんさんからはご支援を送ってくださいました。

ありがとうございます。

また、上原さま。

いつもご支援をありがとうございます。

松末さま、ご支援をありがとうございます。

 

皆さまからのご支援のお礼も中々お伝えできず、本当に申し訳ありません。

 

かなり忙しくしていたというのもありますが、ずっと悩んでいた状態が続き、ブログに何を書いたら良いのかと思うようになっていました。

 

その経緯は。。。

前回登場したすりすり大魔王のちゃーさん。

リリース後、毎日必ずご飯の時だけでなく私の姿が見える度に走り寄ってくるので、再度保護して、里親さんを改めて見つける事にしました。

 

そして、再捕獲も抱っこでキャリーに入れられるほど容易です。

相変わらずのちゃーさん。

そのまま、病院へ直行し、ワクチンと血液検査です!!

甘々のちゃーさんですが、抱っこで保定されるのは苦手なので、保定が続くとバタバタとします。

 

とは言え、扱いはとても簡単なちゃーさんなので、素早く処置していただき事なきを得ます。

一緒にお会計を待っていると。

先生が来てくださり。。。

「ちゃーさんの検査結果ですが、

エイズは陰性ですが、白血病が陽性です。」

との事でした。

 

お会計を済ませ、帰り道。

私は涙が止まらず、これからどうしたら良いのか、どうすべきなのか、何が正解か、暗闇の中で考えていました。

選択肢としては、

1.改めてリリースする

2.保護して生涯飼育する

3.保護して譲渡する

 

3の譲渡は、ちゃーさんの環境が大きく変わる点と里親さんが見つかる確率が極めて低いだろう事からやめました。

 

1は、元の状態に戻すだけ。でも、発症した時に気付いてあげられない。

 

理想は2。ただ、保護するとなると、我が家の隔離部屋は数年は使えなくなり、他の子への伝染の懸念があるので、かなり怖い。

子猫の季節になるのに、行動がかなり制限される。

実際問題、色んな面で厳しすぎる。

 

毎日、目の前のちゃーさんを見ながら、ちゃーさんの事、今いる他の子のこと、外の野良さんの事、今後会うだろう子達の事、CCSの事、色んな事を考えて、決断しました。

 

再リリース。

 

やはり、保護してお世話するには、現状のリスクが大きすぎて、私では背負えないと判断しました。

久々のお外に嬉しそうにするちゃーさんを見て、これで良かったと思いました。

 

それからは、毎日必ず来るちゃーさんに美味しいご飯をいっぱいあげ、他の野良さん達への影響も考え、お水等の食器もこまめに洗い、可能な限りの注意を払います。

今までそんな事気にしてなかったなー。

こんな事がきっと蔓延してるのもあって、早く死んでしまう子が多いんだろうな。

 

それから1ヶ月。

私の出待ちをして、遠くからでも走ってきて、鳴きながらアピールして、毎日毎日、ご飯だけじゃなくて撫でてもらいたくてやってくるちゃーさん。

ドアが開くと一緒に入り込もうとするちゃーさん。

前は入れたのに、入れてもらえなくなって悲しむちゃーさん。

お外で一緒に過ごすと、お腹を見せて心底寛ぐちゃーさん。

 

同時に、喧嘩っ早い野良さんとしばしば顔を合わせる事になって、怪我が絶えなくなっていくちゃーさん。

また怪我が増えた。。

 

あぁ。もうダメだ。

私の気持ちが限界だ。

先の事はいい。

ちゃーさんを保護しよう。

 

そして、今ちゃーさんはCCSの隔離部屋にいます。

誰と喧嘩することもなく、のんびりとご飯をモリモリ食べて、しこたま甘えています。

ちゃーさんはとても元気です。

 

私は。

ちゃーさんの食器や水飲みを洗う時も、他の子達の食器に触れることがないようにし、ちゃーさんを触った後は必ず手を洗ったり、気をつけられることはしているつもりです。

でも、どこまですれば完璧なのかは分かりません。

他の子達を守れるのか。

 

そして、安全を期して、CCSに新しい子を保護するのはやめています。

なので、CCSの今の活動としては、保健所でのお世話や譲渡のお手伝い、TNRに絞られています。

 

正直、以前に比べて出来ている事は僅かで、活動していると言っていいものかと悩んでもいましたが、今はこんなスタイルで活動もブログもゆるゆると現状を大切にしていこうと思っています。

 

環境や人材や、時間が自在に揃えられたら、本当にいいのにな。

出来る幅を増やしていくためにも、今はじっくりと頑張ります。

 

お外でまったりちゃーさん

f:id:worldtrip216:20220619203237j:image
f:id:worldtrip216:20220619203240j:image
f:id:worldtrip216:20220619203243j:image

 

今のちゃーさん

f:id:worldtrip216:20220619203321j:image

続 地域猫活動

すっかり猫達も落ち着き、CCSの活動を低空飛行にしてしばらく経ちました。

まだまだかなり忙しくしている状況ですが、そんな中でも地域猫活動を進めました!!!

 

のんびりしている間に猫達の出産シーズンになるので、少しずつでも動くなら今しかない。

 

そんなこんなで、早速捕獲器を設置します。

 

ご飯をもらいに来たサビ子は、捕獲器を見慣れていて全く入りません。

少しすると、元気な可愛らしい声で存在をアピールしながらちゃーさんがやってきました。

すりすり大魔王のちゃーさんは、捕獲器にも私にもすりすりすりすり。

おかげで、捕獲器は誤作動ばかり(笑)

仕方がないので、扉は私が手で持っておく事にしました。

捕獲器の中腹にあるご飯をちゃーさんが食べている間に、お尻を押して中に入ってもらい、そのまま手動で扉を閉めました。

こんな捕獲は、本当に初めてでした(笑)

 

キャリーに慣れている猫を入れる感覚。

野良猫の保護とはかなりかけ離れていています。

 

捕獲器に入ってすぐは少し慌てた様子もありましたが、少しして落ち着いてからは、かまってアピールです。

ちゃーさん、こんな甘えん坊な野良さんが居て良いのでしょうか(笑)

 

攻撃性は皆無なので、明日の手術に向け、捕獲器から中型ケージに移動させて様子を見ます。

 

移動もお手のもの。

とても素直に動いてくれます。

しばらくそっとしておこうと離れると、遠くから寂しいよーっと鳴いています。

本当に甘えん坊!!!

 

様子を見に行って、撫でるとゴロゴロを大音量で鳴らしながらご満悦の表情。

 

手術当日は、ケージからキャリーへの移動もとても簡単。

本当に扱いやすい子です。

 

車に乗ってしばらくすると、何やら臭いが。

おっと。

粗相をしました。

初めての車は落ち着いているようで怖かったのでしょうね。

綺麗にしてから再出発すると、目の色はだいぶ落ち着きを取り戻しました。

 

術後、急いでお家に連れ帰り、体を綺麗に拭き、ケージでゆっくりしてもらいます。

まだまだ麻酔が残っているのでかなり朦朧としています。

でも、甘えたくて頑張って近寄ってきます。

 

明日、リリースだけど、家向きの子だなぁ。なんて思いながら、夜を越します。

 

そして、リリースの朝。

お薬と朝ごはんを綺麗に平らげたので、いざリリース!

 

すると。

一度外に出てから、また戻ってきます。

お部屋に頭突きしてから、また外に出て戻ってくる。

合計3回。

そして、ようやく慣れたお外でのんびりし始めました。

 

こんなリリースも初めて。。

 

しかし。

しばらくすると、外からちゃーさんの入れないよー!!!!と大きなアピール声が。

 

え、まさか。

窓を開けて、顔を見せてあげると、はぁーやっと入れたぁーと言わんばかりの安堵の表情。

 

リリースしたのに戻ってくる。。。

 

これはどうしたものかな。

 

どなたか、めちゃくちゃ甘えん坊ででっぷりボディで可愛さ爆発しているちゃーさんの里親さんになってくださいませんか?

よろしくお願いいたします!

 

術後、まだ目が開かないちゃーさん

f:id:worldtrip216:20220331211047j:image

 

お手入れも余念なし!

f:id:worldtrip216:20220331211100j:image

 

保護時は、まだ怖かったよね

f:id:worldtrip216:20220331211132j:image

 

上原さまよりご支援をいただきました。

ちゃーさんの手術費用に充てさせていただきました。

ありがとうございます!!!

ご無沙汰しております!

ご無沙汰しております。

すっかりとブログをサボっていましたが、私は何とか元気にしています。

 

猫達が落ち着いたのをいい事に、新しいライフスタイルを始めてみたら、すっかりバランスを崩してしまいました!

この状況では、保護活動と両立するのが難しいなぁと感じるので、ベビーラッシュの頃にはまた元のスタイルに戻して進めていこうと思います。

 

保護活動をするに当たって、自分の生活のバランスを保ちつつやるにはどうしたらいいのか、方法を模索しています。

なので、色んな事にチャレンジして、失敗して、一つの正攻法を作って行けたらと思います。

 

そんな中、あれから橙ちゃんは、翌日にはスッカリ元の状態に戻り、甘えん坊でやんちゃで食いしん坊な様子を披露してくれていました。

体調を崩していたのは、ようやく少し前に回復し、元気に走り回っています。

 

最近やっと買ったTVに皆んなは大はしゃぎで毎日楽しそうに画面に食いついています。

YouTubeの『猫用動画』オススメですよ♪

 

まだしばらくは飛び飛びになると思いますが、これからも何卒よろしくお願いいたします!

 

猫用動画を見ています!

f:id:worldtrip216:20220224191936j:image

 

久保さまよりご支援をいただきました!

毎日のご飯として大切に使わせていただきます!

f:id:worldtrip216:20220223113217j:image

 

上原さまよりご支援をいただきました!

これから来るシーズンに向けて、大切に使わせていただきます!

おかえり、橙ちゃん。

橙ちゃんが、先住猫さんと相性が合わず、戻ってくる事となりました。

 

おかえり、橙ちゃん。

 

慣れない場所、慣れない人、慣れない環境の中で頑張ったね。

 

それぞれの相性は見てみないと分からないものです。

誰が悪いわけでもない。

 

ただ、大きく環境が変わり続けている橙ちゃんの心境は、確実に深く傷ついています。

ここから、私は必死で橙ちゃんのメンタルケアに取り組みます。

 

もちろんですが、しばらく募集はかけません。

数ヶ月で落ち着いてくれるでしょうか。

 

まずは日々に集中して、橙ちゃんがまた落ち着いて毎日を過ごせるように。

 

橙ちゃん。

おかえり。

 

のほほんとしている、おまちゃ。

f:id:worldtrip216:20220207205018j:image